【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中

ヒビノイロドリ。だからこそ
「再焼成」予約が可能です!

 

 

工房の訪問記です。是非ご覧ください。

 

2017年10月時点の状況

 延べご来店:156607 名様

 ご予約待ち:      名様

 発送破損 :     1  

 クレーム :     3  

発送破損事例【クリック下さい】
クレーム事例【クリック下さい】

 

結婚式などのお祝い事の引き出物等に、手仕事のうつわはいかがですか?

 

作り手様のうつわが掲載された本や雑誌を読んでみませんか?


 

 

 


 

2015年4月7日発売の文藝春秋社の「CREA5月号」に当店と知花實さんのうつわが掲載されました。是非ご覧下さい。

 

2010年8月20日発売の「天然生活10月号」に当店が掲載されました。是非ご覧下さい

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!

WHAT'S NEW?
2014/6/9
うつわを含めて随時情報を更新しております。どうぞご覧くださいませ。
2014/6/8
名誉半分、不名誉半分です(苦笑)。
CUSTOMERS ONLY
メールアドレス
パスワード

 

作り手で選ぶ(陶器) > 松田米司―■読谷山焼北窯

松田米司―■読谷山焼北窯

 


 

松田 米司

Matsuda  Yonesi

 


1954年  沖縄県読谷村に生まれる

1973年  那覇市首里 石嶺窯にて作陶従事。
1979年〜 知花實(横田屋窯)、松田共司・與那原正守(読谷山焼北窯)らと共に、

       大嶺寶清窯(現、読谷山焼読谷山窯)で修行

1990年  松田共司、宮城正享、與那原正守らと共に読谷山焼北窯13連房を開く
1995
年〜 日本民藝館展入選、以降数々の賞を受賞
2011年  第九回倉敷民藝館賞(沖縄では初)を受賞

 

 



  

伸びやかに映える

 

 

 
 


今ややちむん好きの方なら皆様ご存知の読谷山焼北窯 松田米司さんです。今やうつわを扱う書籍あるいはいわゆる料理本で、米司さんのうつわを見ないことはないというぐらい、超人気の作り手様です。しかしながら、ご本人は、それに一切慢心することなく、常に真摯にうつわ作りに全神経を集中させています。完成されるうつわは、やちむん(壺屋焼・読谷焼)の伝統や技を取り入れつつも、新たなエッセンスを加えて、現代の暮らしに合う様な、モダンなデザインのものばかり。色合いといい、デザインといい、フォルムといい、おおらかでそして伸びやかで、本当に素敵なものばかりで溜息ものです。しかも、全てのうつわは登り窯で焼成されているのが素晴らしいところです。そんな米司さんのうつわ、是非一度「ヒビノイロドリ。くらしのうつわ」にてご覧下さいませ。

 

※工房訪問記も併せて是非ご覧下さい。

▼ココをクリック▼米司さんの工房に行ってみた
 


 


■■■動画の解説(リアル松田米司さんです)■■■

いまや沖縄のやちむんを牽引する代表的な工房の1つである読谷山焼北窯。様々なうつわの雑誌や書籍でその名前を見ない日はありません。やちむんの伝統や技を非常に重視しながらも斬新なうつわを作っていく素晴らしさは、全国のファンを魅了してやみません。その読谷山焼北窯四人の親方の一人、松田米司さんと久しぶりに再会することができました。いまや、沖縄の民藝を語る上で外せない巨匠ひとり。窯前の忙しいさなかに、色々お話しして、お茶を頂き、しかも撮影OKまで頂きました!。う〜ん、巨匠を前にとても緊張します。ちなみにこの日はチューカー作成中でした(笑)。そんな素敵な松田米司さんと松田米司さんのうつわ達、是非ご覧くださいませ!。

ALL PRODUCTS