【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中
PRODUCT DETAIL

七寸皿・印花紋巻唐草


 Akitouki-koubou

Yomitan

Okinawa

 

 

Sadaaki  Kinjo

 



 

 

琉球モダン×北欧モダン

 



 

 

あき陶器工房 金城定昭さんの七寸皿・印花紋巻唐草です。見た瞬間に、カワイイ!って思いますよね。描かれているのは、「印花紋」と「巻唐草紋」、共にやちむん(読谷焼・壺屋焼)伝統の紋様です。やちむん(読谷焼・壺屋焼)において、これらの紋様は、時に、伸びやかかつ奔放に描かれることが多いのですが、定昭さんが描くと、こんなカワイイ雰囲気になっちゃいます。うつわ中央の、ちっちゃな「印花紋」は、これ以上大きくても、小さくてもダメで、この大きさがベストだと直感的に分かりますね。また、うつわの周囲をぐるり一周している「巻唐草」は、呉須の細い線で描かれた唐草紋様に、飴の点打ちがアクセントとなり、ベースのオフホワイトに映え、なあんかホっとする素敵なデザイン、色合いなのです。「巻唐草」と言えば、「金城定昭さん!」、「金城定昭さん」と言えば「巻唐草!」というぐらい、今や当店では大人気です!。「印花紋」「巻唐草紋」共に、うつわ全体や、唐草と唐草、点と点あるいは唐草と点の余白がまるで計算されたかの様に、ベストなバランスで描かれています。本人にそれを尋ねると、「そんなことは特に何も考えてないさ〜」っておっしゃるのですが、それが金城定昭さんの培ってきた「技!」なのでしょうね。少々ウットリ(笑)。定昭さんのうつわは、全体的に釉薬が掛けられ、表面は、特に、当店で扱うやちむん(読谷焼・壺屋焼)には珍しくツルりんとしており、そのツルツルを味わう為に、思わず指で何度もなぞってしまうのです。逆に、裏面は、茶色のグラデーションとなり、表面との色合いのコントラストに趣きを感じながら、表面と異なる若干マットな手触りがおもしろいですよ。定昭さんのうつわは、紋様にも色合いにもやちむん(読谷焼・壺屋焼)の伝統や技を取り入れているはずなのに、どことなく西洋的、特に、「北欧モダン」的なイメージがあるのが素敵なんですよね。そんな金城定昭さんのモダンでお洒落な「巻唐草シリーズ」のうつわ、あなたも是非集めてみてください!

 

 

 <全体の大きさ>

   直径  21.0cm(=約七寸程度※最上部分)  
   高さ   5.0cm程度  
   重さ 640.0g 程度

   ※手仕事のうつわの為、目安の大きさを示しております。

   ※手仕事のうつわの為、紋様や色合いや重さ等に個体差がある場合もあります。

   ※値段は、お皿1枚当たりのものです。

読谷焼 あき陶器工房(金城定昭) 七寸皿・印花紋巻唐草 側面(見込み)
印花紋と巻唐草の作り出すオフホワイトの余白が、またイイでしょ!
読谷焼 あき陶器工房(金城定昭) 七寸皿・印花紋巻唐草 側面
ぐる〜っと一周流れていく巻唐草紋様、呉須の藍色に飴のオレンジがアクセントで、やっぱり素敵です。
読谷焼 あき陶器工房(金城定昭) 七寸皿・印花紋巻唐草 裏面
普段あまり見えない裏面が、表面とガラリと異なる茶色のグラデーションっていうのが「粋」ですよね。
読谷焼 あき陶器工房(金城定昭) 七寸皿・印花紋巻唐草 手に持った感じ
七寸あれば、主菜用としてはもちろんのこと、ちょっとした大皿料理にもかなり重宝するサイズですね。
商品番号 読金定7皿印巻唐101102
商品名 七寸皿・印花紋巻唐草
特別価格 4,580円
作り手 金城定昭【あき陶器工房(沖縄県読谷村)】
送料区分 送料別
配送タイプ 普通(ゆうパック60サイズ)

数量:

 Akitouki-koubou

Yomitan

Okinawa

 

 

Sadaaki  Kinjo

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!