【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中
PRODUCT DETAIL

角皿・マンガン線引


沖縄 読谷焼 工房十鶴 柄溝康助・聖子 角皿・マンガン線引 貴重な最後の一枚です!。

 Koubou-Jikkaku

Yomitan

Okinawa

 

 

Kousuke  Karamizo

Shouko  Karamizo

 

 

 

 

残念ながら最後の一枚です。

 

 

 


読谷焼 工房十鶴 柄溝康助・聖子
さんの角皿・マンガン線引です。うつわの基調である淡い飴の色に、マンガンによる濃ゆい茶色のラインが何本も施されてとっても渋いです。このライン、まっすぐでもなく、中心が膨らんで空間ができているという、ちょっと変わった形で、趣きがあり面白いでしょ。マンガンを付けたとある筆で、ある日、押さえつける様に描いてみたらこんな紋様ができたそうです。でも残念ながら、その筆を紛失してしまって、他の筆でも同じ様に試してみたんだそうですが、うまくできなかったんだそうです(実は私が何枚か同じものを注文したのですが、うまく描けなかったそうです。残念です。)。よって、このうつわがマジな最後の一枚です。ギューっとしたラインのマンガンと、その縁を彩る淡いぽわんとしたオーグスヤの点打ちは、う〜ん、なんかカワイイ、ポップな感じですね♪。きちんと、沖縄の土を使って、沖縄の独特の釉薬を使って、やちむん(読谷焼・壺屋焼)の伝統の技を取り入れながらも、新しい形のやちむんが出来上がる。これって、柄溝さんご夫妻のなせる業なんですが、伝統の継承としても大変素敵なことですね。このうつわ、表面はツルっとしていますが、裏面(底の部分)は布目が入っておりザラっとしていて、手触りの対比も抜群です。大きさもあるし、角皿なので、色々載せて楽しめそうな予感のうつわです。個人的には、おやつ皿にさせて頂きたい、とってもおいしそうなうつわです(笑)。最後の一枚です!。是非、皆様、工房十鶴・柄溝さんご夫妻のこのうつわいかがですか?

 

   <全体の大きさ>

    大きさ 12.5×16.0cm程度  
    高さ   2.5cm程度  
    重さ 400.0g 程度

    ※手仕事のうつわの為、目安の大きさを示しております。
    ※手仕事のうつわの為、紋様、色合い、重さ等には、個体差がある場合もあります。
    
※現品限りで大変貴重な1点ものです。再焼成はございませんので、ご了承ください。

    ※値段は、お皿1枚当たりのものです。
 

 

 


沖縄 読谷焼 工房十鶴 柄溝康助・聖子 角皿・マンガン線引

沖縄 読谷焼 工房十鶴 柄溝康助・聖子 角皿・マンガン線引

うつわの基調である淡い飴色と、マンガン釉の濃ゆい茶色のラインが映えてとても美しいですね。

ほぼ同じ大きさのコーヒー豆のうつわとセットで贈り物、いややっぱ自分で使う?(笑)なあんていかがでしょうか?。

沖縄 読谷焼 工房十鶴 柄溝康助・聖子 角皿・マンガン線引
このうつわにあなたは何を載せますか?。色々想像力が掻き立てられますね。
沖縄 読谷焼 工房十鶴 柄溝康助・聖子 角皿・マンガン線引
長い方を側面から見るとこんな感じです。水平面から、スッと斜めに立ち上がっております。
沖縄 読谷焼 工房十鶴 柄溝康助・聖子 角皿・マンガン線引
裏はコーヒー豆の角皿と同じく、布目になっています。この布目の凹凸ってなんとなく手触りが心地良いと思うのは私だけでしょうか?(笑)
沖縄 読谷焼 工房十鶴 柄溝康助・聖子 角皿・マンガン線引
持ちやすい丁度良い大きさです。掌よりちょっと大きいぐらいだと何にでも重宝しますね。
商品番号 読柄康角皿線マ110330
商品名 角皿・マンガン線引
特別価格 5,280円
作り手 柄溝康助・聖子【工房十鶴(沖縄県読谷村)】
送料区分 送料別
配送タイプ 普通(ゆうパック60サイズ)

数量:

沖縄 読谷焼 工房十鶴 柄溝康助・聖子 角皿・マンガン線引 貴重な最後の一枚です!。

 Koubou-Jikkaku

Yomitan

Okinawa

 

 

Kousuke  Karamizo

Shouko  Karamizo

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!