【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中
PRODUCT DETAIL

三寸皿・マンガン線彫


 Toubou-Takaesu

Yomitan

Okinawa

 

 

Kouji  Takaesu

 






自分の為に、再び焼いてもらいませんか?

 
★希望を叶えるのは、「ヒビノイロドリ。くらしのうつわ」だけです。★

 



【現在、SOLDOUT(売り切れ)です。ただし、「1つ以上」から予約可能です。】

 ●あなたの為だけに、再度うつわを焼成頂ける様に、各作り手の方々に店長が直接交渉致します。

  場合によっては、製作中止となっている場合がありますので、どうぞご了承ください。

 ●下記の「お問い合わせボタン」をクリックして、希望数量、連絡先等を店長までお伝えください。

 ●1つからでも、店長が責任を持って、作り手様に交渉させて頂きます。ただし、ある程度の予約
  数量がまとまるまで、しばらくお待ち頂く場合がありますのでご了承くださいませ。
 ●下記の「ご予約・再製作の際の注意点」の内容を、どうぞ事前にご理解、ご了承頂きます様に、
  よろしくお願い申し上げます。

 ●作り手の方々から再焼成の了解が得られた場合に限り、前受金として、うつわの代金(送料込)

  の半額(又は全額)を、当店のゆうちょ銀行口座にお振込み頂きます。どうぞご了承ください。


 
■ご予約・再製作の際の注意点
  ・1種類のうつわに対して、ご予約数量1つの場合、相当期間お時間頂く場合がございます。また、1つの再製作に、
   失敗等を考慮して、予約数量の3〜10倍以上うつわを製作される作り手様もいらっしゃいます。その為、採算上
   の問題等から、再製作をお断りになる場合がございます。どうぞあらかじめご了承くださいませ。
  ・うつわは、手仕事の為、大量機械生産品の様に、当店のページに掲載されたものと完全に同じものが再製作されるこ
   とはありません。手仕事のうつわは、生き物と同じですので、作り手様の作業状態、使用する土、化粧土、釉薬、
   天候、窯の状態、焼き加減等、あるいはその他自然的な事象等により、色合いや紋様が異なったり、デザインが異
   なったりする場合が多分にございます。その為、そういったことに神経質なお客様のご予約はご遠慮くださいませ。
   手仕事のうつわに関して、またうつわの再製作に関して、十分なご理解を頂けるお客様のみご予約をお願い申し上
   げます。
  ・前述の通り、手仕事のうつわは、生きているものの様に、ひとつとして同じものはございません。また、常に作り手
   様が少しずつ改良され、新しい形、色へと進化しております。その為、再製作の完了したうつわが、当店掲載画像と
   異なっている場合がございます。なお、すべてのご予約は、事前に作り手様とご相談させて頂いており、大幅にデザ
   インや色合いが変更される場合は、ご予約以前にお客様に連絡させて頂いております。なお、多少の変更の場合は、
   作り手様と当店の判断により許容範囲内と判断致しますので、そういったことに神経質なお客様のご予約はご遠慮
   くださいませ。なお多少の変更と判断する度合いも、作り手様と当店の判断によるものです。手仕事のうつわに関
   して、十分なご理解を頂けるお客様のみご予約頂けます様によろしくお願い申し上げます。
 


  皆様、お気軽に当店までお問い合わせ【ここをクリック】ください。

 


 

 

手に包む。オトナのマンガン

 

 



 

陶房高江洲 高江洲康次さんの三寸皿・マンガン線彫です。ひとめ見てパッと目に飛び込んでくるのは、うつわに水平にそして山型に、ぐるり一周入っている紋様です。これは、「線彫り」された高江洲康次さん独自の紋様です。線彫りされた部分から現れた沖縄の土の赤茶色の色合いが、うつわの黒い色に映えてとても美しいですね。ところで、「線彫り」はやちむん(読谷焼・壺屋焼)伝統の技なのですが、特に高江洲さんの線彫りはまるで機械で彫ったかの様に、緻密に彫り込まれていて、その出来映えに大変驚きます。ちなみに、この紋様、長年の経験と勘だけのフリーハンドでササっと彫ってしまうので、高江洲さんの手仕事の技に驚かずにはいられません。また、うつわの色合いである黒っぽいマンガン釉独特の色合いにもシビれます。特に、このマンガン釉、光が当たると鈍く渋い光沢が出て、妙にセクスィー(あえてセクスィーと言わせていただきます笑)な感じでカッコイイんです。料理の色って、うつわが白い方が映えると思われがちなんですが、実は、黒っぽいうつわの方がよく映えるんです。全体的に滑らかマット、ザラツルっとした印象ですが、なんとも心地の良い手触りです。特に線彫り部分は、彫りこまれて凹になっていますが、表れた沖縄の土の表情と共に、高江洲さんの技に感動しながら、なぜかナゼナゼしてしまいますよ(笑)。大きさは三寸(=直径9cm程度)なので、おやつとか(笑)、ちょこんと何かを盛り付けたい時に、とても重宝するサイズです。そんな高江洲康次さんの魅力溢れるマンガン線彫シリーズのうつわ、是非いかがでしょうか!。

  

 <全体の大きさ>

   直径   9.5cm程度(=三寸程度 最上部分)  
   高さ   2.5cm程度  
   重さ 120.0g 程度  

   ※手仕事のうつわの為、目安の大きさを示しております。

   ※手仕事のうつわの為、紋様、色合い、重さ等には個体差がある場合もあります。

   ※値段は、お皿1枚当たりのものです。
 

 

 

 

読谷焼(壺屋焼) 陶房高江洲 高江洲康次 三寸皿・マンガン線彫 紅イモパイ盛り付け例

読谷焼(壺屋焼) 陶房高江洲 高江洲康次 三寸皿・マンガン線彫 表面(見込み)

沖縄みやげの定番!紅イモパイの紫色が、黒のマンガンの色合いに実によく映えます。

緻密に線彫りされた水平と山型の紋様、なんとも不思議でオリエンタルな雰囲気です。

読谷焼(壺屋焼) 陶房高江洲 高江洲康次 三寸皿・マンガン線彫 側面
側面から見える線彫紋様に、思わず惚れ惚れです。
読谷焼(壺屋焼) 陶房高江洲 高江洲康次 三寸皿・マンガン線彫 表面(見込み)
細かな線彫りを施されて表れた沖縄の土の赤茶色が、マンガンの黒に映え、大変美しいですね。
読谷焼(壺屋焼) 陶房高江洲 高江洲康次 三寸皿・マンガン線彫 裏面(胴から高台にかけて)
この鈍く渋いマンガン釉の光沢、なんともイイでしょ!。一人、思わずニンマリです(笑)。
読谷焼(壺屋焼) 陶房高江洲 高江洲康次 三寸皿・マンガン線彫 手に持った感じ
マンガンのマットな手触りがたまりませんよ。三寸なので、醤油皿、味見皿など、ちょっとした時にとても重宝するサイズです。
商品番号 読高康3皿マ線彫101224
商品名 三寸皿・マンガン線彫
特別価格 1,880円
作り手 高江洲康次【陶房高江洲(沖縄県読谷村)】
送料区分 送料別
配送タイプ 普通(ゆうパック60サイズ)

数量:

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!