【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中
PRODUCT DETAIL

角皿スリップウェアー


島根の袖師窯 尾野さんの素敵な角皿スリップウェアが登場です!

 Sodesi-kama

Sodesi(Matsue)

Shimane

 

 

Shinya  Ono

 






自分の為に、再び焼いてもらいませんか?

 
★希望を叶えるのは、「ヒビノイロドリ。くらしのうつわ」だけです。★

 



【現在、SOLDOUT(売り切れ)です。ただし、「1つ以上」から予約可能です。】

 ●あなたの為だけに、再度うつわを焼成頂ける様に、各作り手の方々に店長が直接交渉致します。

  場合によっては、製作中止となっている場合がありますので、どうぞご了承ください。

 ●下記の「お問い合わせボタン」をクリックして、希望数量、連絡先等を店長までお伝えください。

 ●1つからでも、店長が責任を持って、作り手様に交渉させて頂きます。ただし、ある程度の予約
  数量がまとまるまで、しばらくお待ち頂く場合がありますのでご了承くださいませ。
 ●下記の「ご予約・再製作の際の注意点」の内容を、どうぞ事前にご理解、ご了承頂きます様に、
  よろしくお願い申し上げます。

 ●作り手の方々から再焼成の了解が得られた場合に限り、前受金として、うつわの代金(送料込)

  の半額(又は全額)を、当店のゆうちょ銀行口座にお振込み頂きます。どうぞご了承ください。


 
■ご予約・再製作の際の注意点
  ・1種類のうつわに対して、ご予約数量1つの場合、相当期間お時間頂く場合がございます。また、1つの再製作に、
   失敗等を考慮して、予約数量の3〜10倍以上うつわを製作される作り手様もいらっしゃいます。その為、採算上
   の問題等から、再製作をお断りになる場合がございます。どうぞあらかじめご了承くださいませ。
  ・うつわは、手仕事の為、大量機械生産品の様に、当店のページに掲載されたものと完全に同じものが再製作されるこ
   とはありません。手仕事のうつわは、生き物と同じですので、作り手様の作業状態、釉薬、天候、窯の状態等、ある
   いはその他自然的な事象等により、偶発的に色合いや紋様が異なったり、デザインが異なったりする場合が多分にご
   ざいます。その為、そういったことに神経質なお客様のご予約はご遠慮くださいませ。手仕事のうつわに関して、ま
   たうつわの再製作に関して、十分なご理解を頂けるお客様のみご予約をお願い申し上げます。
  ・前述の通り、手仕事のうつわは、生きているものの様に、ひとつとして同じものはございません。また、常に作り手
   様が少しずつ改良され、新しい形へと進化しております。その為、再製作の完了したうつわが、当店掲載画像と異な
   っている場合がございます。なお、すべてのご予約は、事前に作り手様とご相談させて頂いており、大幅にデザイン
   や色合いが変更される場合は、ご予約以前にお客様に連絡させて頂いております。なお、変更の程度は、作り手様と
   当店の判断によりますので、そういったことに神経質なお客様のご予約はご遠慮くださいませ。手仕事のうつわに関
   して、十分なご理解を頂けるお客様のみご予約頂けます様によろしくお願い申し上げます。
 


  皆様、お気軽に当店までお問い合わせ【ここをクリック】ください。

 

 

 

 

尾野さんのスリップウェアーの魅力。

 



 

 

島根の袖師窯 尾野晋也さんの角皿スリップウェアーです。スリップウェアーのうつわ、当店初登場です。スリップウェアーとは、うつわの表面に泥状の化粧土(スリップ)をかけ、さらにその上から、スポイトなどで化粧土や釉薬を細く流したり、筆で描いたり、櫛で引っかいたりなどして紋様を描いたもののことを言います。大正〜昭和にかけての民芸運動の際、バーナード・リーチや濱田庄司などがイギリスよりもたらした技法なのです。当然、袖師窯さんは、当時、その濱田庄司から、直接技法を教えられた工房のひとつ、いわばスリップウェアー直系の工房な訳です。実は、今まで、色々な工房で、似たようなスリップウェアーを見かけるので、私はどうもあまり好きではなく、当店には入れてきませんでした。しかし、この尾野さんのうつわは、見た瞬間、「お〜カッコイイ〜、しかもちょっとク〜ル♪♪♪」と思ってしまったのです。何せうつわの土台の黒系の色に、化粧土の白と呉須のブルーが非常によく映えています!。そもそも土台の色が黒系の色なんて珍しいでしょうし、呉須を載せるなんて、大変斬新です。これは、化粧土の白をスポイトで載せ、さらにその上から呉須のブルーを載せて、櫛でひっかくとできるのだそうです。手間がかかっていますね。それだけに、とっても素敵です。また、角皿なんですが、角の部分は全て丸みがつけられており、使う側に優しい印象を与えてくれるうつわですね。全体的に釉薬がかかりツルっとしているのですが、優しい手触りで、大変心地良いです。反面、裏面は無釉の素焼き状態でザラっとしたままで、赤茶けた色合いが素朴であり、地元袖師の土の風合を感じることもできます。角皿なので、ちょっとした副菜ものを盛り付けたりにぴったりかもしれませんね。そんな、尾野さんのつくる素敵なうつわ、是非、皆様、一度手にとってみてください。その良さが分かるはずです!。

 

  <全体の大きさ>

   大きさ 13.0cm×13.0cm程度  
   高さ   2.3cm程度(最大高さ)  
   重さ 220.0g 程度

   ※手仕事製品の為、目安の大きさを示しております。また、紋様に個体差がある場合もあります。

   ※値段は、お皿1枚当たりのものです。
   ※画像は、四代目・尾野晋也さんがご健在(2012年12月31日没)の時に製作されたうつわです。現在は
    五代目・尾野友彦さんがその遺志を引き継いで同じうつわを製作されております。
 

 

 

袖師窯(島根県) 尾野晋也 角皿スリップウェア 側面
角皿なんですが、角は丸みを帯びてやさしい感じです。
袖師窯(島根県) 尾野晋也 角皿スリップウェア 表面(見込み)
描かれた不思議な紋様、これがスリップウェアーの真髄です。
袖師窯(島根県) 尾野晋也 角皿スリップウェア 裏面
裏面は、無釉の素焼き状態になっています。
袖師窯(島根県) 尾野晋也 角皿スリップウェア 手に持った感じ
このカワイイ角皿に何を盛りましょうか?
商品番号 袖師角スリップ100520
商品名 角皿スリップウェアー
特別価格 3,180円
作り手 尾野友彦・故尾野晋也【袖師窯(島根県松江市)】
送料区分 送料別
配送タイプ 普通(ゆうパック60サイズ)

数量:

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!