【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中

ヒビノイロドリ。だからこそ
「再焼成」予約が可能です!

 

 

工房の訪問記です。是非ご覧ください。

 

2017年07月時点の状況

 延べご来店:155092名様

 ご予約待ち:     名様

 発送破損 :      件

 クレーム :      件

発送破損事例【クリック下さい】
クレーム事例【クリック下さい】

 

結婚式などのお祝い事の引き出物等に、手仕事のうつわはいかがですか?

 

作り手様のうつわが掲載された本や雑誌を読んでみませんか?


 

 

 


 

2015年4月7日発売の文藝春秋社の「CREA5月号」に当店と知花實さんのうつわが掲載されました。是非ご覧下さい。

 

2010年8月20日発売の「天然生活10月号」に当店が掲載されました。是非ご覧下さい

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!

WHAT'S NEW?
2014/6/9
うつわを含めて随時情報を更新しております。どうぞご覧くださいませ。
2014/6/8
名誉半分、不名誉半分です(苦笑)。
CUSTOMERS ONLY
メールアドレス
パスワード

 

   昇陽窯 大上裕さんの工房に行ってみた。

 

 

丹波焼の郷は、ひっそりとした山あいにあります。

大上さんの工房は、そんな山あいの沿道から続く急な坂道「通称:やきもの坂」を上っていった斜面にあります。

 

 

敷地は広大です。

敷地内には様々な建物が立ち並んでいますが、驚くことに斜面を登っていくと、展示館まであります。

 

 

敷地の一番高いところには、周辺を一望できる「休み屋」もあります。休み屋からは、大上さんの庭に咲く花々と、のどかな田園風景や山並みが広がります。

 

 

工房に入ると、大上さんが、丁度、土を混練されている最中でした。工房のごく近くで採取できる土を使用されているとのこと。

 

 

混練された土が機械からひねり出されてきます。土がこんな棒状で出てくるなんで、なんとも不思議です。

 

 

大上さんのいつも作業スペースです。明るさが確保できる様に、外部の窓に向かってスペースが設けられており、中央にロクロが据え付けられています。

 

 

先ほどの混練機から出てきた棒状の土をロクロの上に置くと、作業開始です。

今日は、カップを製作するそうです。

 

 

作業中は、仕事場にピンと緊張感が張り詰め、静寂がたちこめます。

いつもは、色々教えてくれる大上さんも、この時ばかりは一言も発せず作業に完全に集中しています。

ロクロの廻るスルスルスルという音しか聞こえません。

 

 

 

 

あっと言う間に、カップの形ができあがっていきます。1つつくるのに、わずか3分。あっという間ですが、2つ目も3つ目も形が崩れることはありません。熟練の技がキラリと光ります。

現代は、なんでも機械で瞬時に大量生産ができてしまう時代です。しかし、手作業にこだわって1つずつ丁寧にうつわを製作するなんて、なんと素晴らしいことでしょうか!この先もずっと残していきたい日本の大事な文化だなあと思わず、感慨にふけってしまいます。

 

 

できあがりのカップはこういう感じだそうです。柔らかなぷっくりした優しい曲線がなんともいえませんね。大上さんの長年の手の感覚から生みだされた曲線なのです。

 

 

大上さん定番の隅切りプレートや小判プレートは、たたら(土の板)から押し板を使用して作成されます。何種類にもわたる押し板が、工房内には置かれていました。

 

 

大上さんは、敷地の傾斜を利用した立派な登り窯を3つ、穴窯を1つお持ちです。丹波の窯元さんの中でも、これだけのたくさん窯をお持ちなのは、大上さんぐらいだそうです。

丹波の登り窯は、その形状から別名「蛇窯」と呼ばれます。写真の登り窯を見ていただくと、そのウネウネから蛇窯と言われる理由がよく分かりますよね。

窯の周囲には、大量の薪がつまれています。薪は、登り窯の燃料となりますが、うつわの偶然の色あいを作り出す重要な要素でもあります。

 

 

 

 

大きなガス窯もお持ちです。

 

 

丁度お伺いした日の朝に焼きあがったばかりのうつわ達が並んでいました。

写真を撮影したのは、夕方でしたが、まだまだ窯は暑くて、必死の思いで近づいて撮影しました。

 

 

昇陽窯さんは、陶芸教室もされています。

 ■曜日:毎週第一土曜日

 ■時間:10時〜16時まで

 ■会費:1500円+焼成代

土をいくら使っても、10時〜16時までの間ならば何時間作業してもたった1500円なのだそうです。アットホームな雰囲気の中で、直接、大上さんが指導されます。陶芸教室の日は、普段の作業はされず、指導だけなんだそうです。

(※写真は生徒さんの製作されたランプシェードです。)

 

 

ちなみにこの日も生徒さんが作業を終えられて、大上さんと大上さんの奥様としばし談笑を。。。本当にのんびりアットホームです。都会の陶芸教室でこんなことってありますか?

大上さんは、いくつも賞を受賞されている有名な方なんですけど、実に気さくで驚いてしまいます。

 

 

あ!、かくいう私も、大奥様のお手製「柏餅」頂いてしまいました。「どうぞ食べていってください」ってコーヒーまで頂きました。笑

もちろん大上さんの黒八角プレートに載せられています。

 

■昇陽窯 大上裕さんのうつわのページへは

 

ココ】をクリック!