【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中

ヒビノイロドリ。だからこそ
「再焼成」予約が可能です!

 

 

工房の訪問記です。是非ご覧ください。

 

2017年04月時点の状況

 延べご来店:153748名様

 ご予約待ち:     名様

 発送破損 :      件

 クレーム :      件

発送破損事例【クリック下さい】
クレーム事例【クリック下さい】

 

結婚式などのお祝い事の引き出物等に、手仕事のうつわはいかがですか?

 

作り手様のうつわが掲載された本や雑誌を読んでみませんか?


 

 

 


 

2015年4月7日発売の文藝春秋社の「CREA5月号」に当店と知花實さんのうつわが掲載されました。是非ご覧下さい。

 

2010年8月20日発売の「天然生活10月号」に当店が掲載されました。是非ご覧下さい

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!

WHAT'S NEW?
2014/6/9
うつわを含めて随時情報を更新しております。どうぞご覧くださいませ。
2014/6/8
名誉半分、不名誉半分です(苦笑)。
CUSTOMERS ONLY
メールアドレス
パスワード

 

   あき陶器工房 金城定昭さんの工房に行ってみた。

 

 

金城さんの工房は、やちむんの里から外れたところ、読谷村の高台(座喜味城跡近く)にあります。

知花さんの奥様(横田屋窯)に場所を教えてもらったにも関わらず、全く分かりませんでした(泣)。付近を色々さまよった挙句に、知花さんの奥様にわざわざ車で先導してもらって、やっとたどり着くことができました(笑)。ちなみに工房の場所が分かった後で、何度も何度も前を通っていたことが判明しました(笑)。

 

 

しかし分からないですよ。だってこんなに看板小っちゃいんだもの(笑)。しかも道路からかなり入ったところに掛けてあったんですもの(笑)。

 

 

金城さんは自宅とは別に工房をお持ちです。

工房では全て一人でコツコツと作業をされております。工房の入口を入ってすぐに作業スペースがあり、お邪魔した時もここで作陶に没頭されていました。

 

 

私、まさかいきなり作業スペースだとは思っておらず、入口に立っても、ラジオの音はすれど金城さんの姿が見えなかったので、大声で「金城さん!金城さ〜ん!」と叫びました。また、金城さんも作業に没頭されておりましたので、入って来た私に気がつきませんでした。私は、実はすぐ傍にいた金城さんに、金城さんは私の大声に、二人で驚いて笑ってしまったのでした(笑)。

 

 

色々なものを作陶されている金城さんですが、お邪魔した際は、マカイを作られていました。金城さんに作陶中の写真をお願いしましたが、かなり恥ずかしいということで、作業スペース部分をパチリ撮影☆。

 

 

金城さんは、皿やマカイ、ワンブーや湯飲み、急須など小さなものから大きなものまで多様なものを作陶されています。

 

 

しかし、特に私が驚いたのは、アイスコーヒー専用のカップです。とにかく通常のコーヒーカップよりも大きいのです。使い方は、氷をカップにたっぷりと入れ、そこにサイフォンなどで沸かした熱々のコーヒーを注ぐのです。すると大量の氷で瞬時にコーヒーが冷えてアイスコーヒーになります。そう言えば、高級な喫茶店で時々見かけることがあるのを思い出しました。こうやって民芸のうつわ(=普段使いのできる手仕事のつうわ)は、日々進化していくのだとなぜか一人で感心してしまいました。

 

 

ところで、金城さんの作業場の電話は、非常になつかしい「ダイヤル式黒電話」です。昔はどこの家庭にもありましたよね。金城さんによると、プッシュ式の電話だと陶器をつくる時の粉が入って電話が駄目になってしまうそうで、これが一番良いのだそうです。実用面で古い物が未だに使われているって素敵ですね。

 

 

金城さんはガス窯を使用されているので、読谷焼(壺屋焼)特有の「蛇の目(うつわの見込みの中心に入る白い円模様)」はありません。蛇の目がうつわのデザインアクセントになっている場合も多いのですが、金城さんのうつわはそれが無くても大変素敵!!なのです。

 

 

こちらは見本、試作品、失敗品や在庫を置かれているスペースです。金城さんと言えば「巻唐草紋様」が定番です。伸びやかで大胆な唐草も素敵ですが、金城さんの様な、細い繊細な唐草も美しいのです。また、蛇の目がなく、濃い藍やモカ色の唐草の為か、うつわが洋風に見えるのは私だけでしょうか?特にモカ色巻唐草紋様は金城さんオリジナルの技で、非常に北欧的なデザインに見えてしまいます。

 

 

ちなみに、お邪魔した時は在庫が全くない状態。(私)「コレありますか?」(金城さん)「今はないさ〜」、(私)「コレありますか?」(金城さん)「今はないさ〜」、(私)「金城さん、も、もしかして全然在庫ないんでしょうか?」(金城さん)「今はないさ〜〜。また、つくったら送るさ〜」とおっしゃられてしまったので、(私)「そ、それはしょうがないですねえ(汗・苦笑)」と。。。残念ですが、とりあえず在庫のあったわずか5種類だけを持って帰ってきました。今回当店にUPしているマグカップや皿は2つずつ、アイスコーヒーカップはたった1つしかありませんでした。

 

 

金城さんは、壺屋時代から島袋常秀さんの工房で修行され、その後独立されました。陶芸展などでの受賞も数多く、某有名店でも金城さんのうつわをお見受けします。その為、私、ずっと、絶対気難しい人だと勝手に思い込んでおりました(苦笑)。しかし、お会いすると、非常にきさくかつお茶目な方で、そのギャップに驚きました(私が勝手に驚いただけですが笑)。

是非、皆様にも金城さんのうつわに、はまって頂きたいです!

ところで、電話する金城さんの横顔を一枚パチリ☆。これなら大丈夫でしょ、金城さん?

 

■あき陶器工房 金城定昭さんの

 うつわのページへは

 

ココ】をクリック!