【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中

ヒビノイロドリ。だからこそ
「再焼成」予約が可能です!

 

 

工房の訪問記です。是非ご覧ください。

 

2017年10月時点の状況

 延べご来店:156607 名様

 ご予約待ち:      名様

 発送破損 :     1  

 クレーム :     3  

発送破損事例【クリック下さい】
クレーム事例【クリック下さい】

 

結婚式などのお祝い事の引き出物等に、手仕事のうつわはいかがですか?

 

作り手様のうつわが掲載された本や雑誌を読んでみませんか?


 

 

 


 

2015年4月7日発売の文藝春秋社の「CREA5月号」に当店と知花實さんのうつわが掲載されました。是非ご覧下さい。

 

2010年8月20日発売の「天然生活10月号」に当店が掲載されました。是非ご覧下さい

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!

WHAT'S NEW?
2014/6/9
うつわを含めて随時情報を更新しております。どうぞご覧くださいませ。
2014/6/8
名誉半分、不名誉半分です(苦笑)。
CUSTOMERS ONLY
メールアドレス
パスワード

 

  バンビ(萬羽綾子さん)の工房に行ってみた。

 

 

バンビ(やちむんで、「バンビ」と言えばみんな萬羽さんと分かるので、以下、「バンビ」と記載しますよ♪)の工房は、読谷村のやちむんの里の入口近くにあります。ちょうど座喜味城へ向かう道の途中です。

※2012年4月8日に、工房を読谷村内の楚辺という場所に移転されました。当店に掲載されている工房は、移転前のものです。今後、バンビ姐の工房には、改めて訪問させて頂き、工房訪問記を追記させて頂きたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

工房−綾−」という看板が揚がっておりますので、道すがら見られたことがある方も多いのではないでしょうか?。ちなみに看板は友人につくってもらって大変お気に入りなんだそうです。

 

 

工房の玄関の前に、いきなりガス窯が置いてあります。初めて来た人は、大きな口をあけている窯に思わずビックリしてしまうのではないでしょうか(笑)。

 

 

窯の上には、かわいい?キジムナーが。。。

 

 

そう言えば、バンビは、近所の幼稚園生や小学生などにも、陶芸を教えていらっしゃいます。このシーサー達は近所の小学生達が作ったものです。

 

 

釜の廻りには、乾燥中のうつわが色々置いてあります。バンビは、線彫などの彫刻、唐草などの筆使い、掛け分けなどの色使いなど、読谷焼(壺屋焼)の様々な伝統の技を駆使しながらも、かわいらしく柔らかで繊細なうつわを作り出されています。また、うつわの形状も五角形や楕円形など、従来の読谷焼には見られない、非常にセンスあふれるデザインのものが多いのです。バンビのうつわは、見る人の心を引き付けて止みません。全国で人気となっているのも当然かもしれませんね。

 

 

作業スペースは、非常にコンパクトです。いつも朝9時〜晩10時ぐらいまで一人で黙々と作業されているそうです。釉薬も型も粘土も道具もきちんと整理されて置かれています。整理がなされているということは、良い仕事されている証拠ですね。

 

 

バンビは、主に蹴ロクロ(足で蹴って動かすロクロ)を使われています。「蹴ロクロは、常に足で蹴っておかないといけないので作業大変じゃないですか?」とお聞きすると「逆回転も簡単にできるので、蹴ロクロの方が使い易いんですよ!」と、いとも簡単におっしゃってました(笑)。結構、蹴ロクロは難しいし体力を使って大変であるとおっしゃる方が多いのですが。。。

 

 

電動ロクロでも作業されていましたが、スルスルスル〜と、あっという間に、1つまた1つと形が出来上がっていきます。バンビの手が、狂いのない機械の様に、しかも滑らかに、うつわを形づくっていきます。まるで粘土の方が、バンビの手に触れることによって勝手に形を変えていくかの如くです。

思わず手の動きを見ていると、私は黙りこんでしまいました。

 

 

完成したうつわがこちら。マカイと一輪差しですね。

 

 

作業スペースの天井にも、白化粧され、細工や紋様が描かれたたくさんのうつわ達が焼成を待っています。この中には、私が注文したものもありますので、出来上がるのが大変楽しみなのです!。

 

 

バンビは、20歳の頃より金城敏男、照屋佳信窯で10年修行され、2年前にご自分の工房を設立されました。

最近では、様々な某有名雑誌等にも取り上げられ、東京や大阪の某有名インテリアショップでも取り扱いがあり、全国津々浦々のクラフトフェアにも出没するという、読谷焼の明日を担う有望な若手作家様です。とはいうものの、本人は至って気にすることもなく、作陶を楽しんでおられる姿が非常に印象的です。会って話すと実に気さくなネーネーなのでした。

 

 

上の画像とは別の本です。色々な若手のうつわの作り手さんを集めた本です。こんな所にも、バンビとそのうつわが見開き1ページでしっかり紹介されているんですよ。出たばっかりの貴重な1冊をバンビが沖縄から送ってくれました。改めてバンビってすごいなあと思います。こんなうつわ集めた本、ずっと探していて欲しかったので、実は私、非常に嬉しいのです!バンビありがとう!!

 

 

バンビは「この画像恥ずかしいから絶対使わないで!」とおっしゃっていましたが、私のカメラの腕悪く、他の画像は全部ピンボケているので、これ載せちゃいました!。バンビ許してね!。しかしなんでこんなアンニュイな感じになっちゃったんだろうか???笑。

 

 

 

ということで、ついに2010年8月に撮影し直しました。お〜これは、なかなか、かわいく写ってるんじゃないの?。

現状のところ、この画像で、バンビご自身からも、その他のやちむんの作り手様からも、苦情は一切出ておりませんので、とりあえずこれでOKなんでしょう(笑)。

 

 

当店では、そんなバンビのうつわを今後もどんどん取り扱っていきたいと思います。

バンビは、実は、当店のページの雰囲気が大変お気に入りだそうで、予約があれば当店の為に優先的(現在多忙につき、最低4カ月程度以上かかりますが・・・笑・・・これでも他店の注文よりも優先して製作してもらってますよ。)にうつわを焼いて頂けるそうです。

 

(画像はバンビの工房の屋上から)

 

■工房綾 萬羽綾子さんのうつわのページへは

 

ココ】をクリック!

 

 

 

■■■画像の解説■■■

当店では、もうおなじみ!。今や全国的に、超売れっ子の萬羽綾子さんです。最近では、ファッション雑誌やら、生活雑誌やら、果ては旅行誌、あるいは東京や京都の「J.(ジェイピリオド)」などの有名店でうつわをよくお見かけします。

動画の撮影をお願いしたら、「絶対いや!!!」と言われながらも、かなりしぶとく店長が交渉し(苦笑)、最後には快諾(?)頂けました(後日、本人に再確認しましたが、載せてイイって言ってたもん!)。クラシックをかけながら、ロクロ廻して、うつわの形を整える作業をされているんですが、なぜか鼻唄が全然違う!。なぜに?。皆様も音を大きくして、よく聞いてみてくださいまし(笑笑笑)。あ!、でもそんなことに注目するんじゃなくて、萬羽さんの仕事っぷりにご注目を!(笑笑笑)。