【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中

ヒビノイロドリ。だからこそ
「再焼成」予約が可能です!

 

 

工房の訪問記です。是非ご覧ください。

 

2017年10月時点の状況

 延べご来店:156607 名様

 ご予約待ち:      名様

 発送破損 :     1  

 クレーム :     3  

発送破損事例【クリック下さい】
クレーム事例【クリック下さい】

 

結婚式などのお祝い事の引き出物等に、手仕事のうつわはいかがですか?

 

作り手様のうつわが掲載された本や雑誌を読んでみませんか?


 

 

 


 

2015年4月7日発売の文藝春秋社の「CREA5月号」に当店と知花實さんのうつわが掲載されました。是非ご覧下さい。

 

2010年8月20日発売の「天然生活10月号」に当店が掲載されました。是非ご覧下さい

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!

WHAT'S NEW?
2014/6/9
うつわを含めて随時情報を更新しております。どうぞご覧くださいませ。
2014/6/8
名誉半分、不名誉半分です(苦笑)。
CUSTOMERS ONLY
メールアドレス
パスワード

 

常秀工房 島袋教授の工房に行ってみた。

 

 

島袋常秀教授の工房は、読谷村「やちむんの里」の入口を入ってすぐにあります。お隣の工房は、かの琉球ガラスの名工稲峰盛吉氏の工房です。

実は私、本当に何回も来ているのですが、なぜか実際の工房の中を見たのは初めてでした。なんで今まで入ったことなかったんでしょうね?(笑)。

島袋教授の工房は、とにかく大きいです。今まで私が見た工房の中で一番大きなものでした。

 

 

秘密の粘土置場です(笑)。

様々な地元沖縄の土を色々ブレンドして、教授のうつわは出来上がっているのです。

 

 

島袋教授が作陶されていますと、その広い工房に「ピーン・・・」と張り詰めた只ならぬ緊張感が立ち込めています。

ロクロを廻す音しか聞こえてきません。教授もお弟子さん達も本当に作業に集中されていますので、私のカメラのシャッター音が響いて怒られるんじゃないかと、実は内心ヒヤヒヤしておりました(笑)。

 

 

大学の無い日は、教授自らお弟子さん達に混じって作陶されているのも実に驚きです。そう言えば、当店にUPしている常秀工房「赤絵シリーズ」も島袋教授が1つ1つ作陶、絵付けされているものでした。

 

 

ロクロで形作られたうつわは、一旦、窯で900度程度で下焼きされた後に、棚にストックされていきます。ここから絵付けを待つのです。そうして絵付けや釉掛けが完了すると、今度は1200度程度で本焼きされるのです。

 

 

こんなに大きなお皿(尺皿)も作られているのです。となりの六寸マカイが実に小さく見えますね。沖縄では、家を新築した人への贈り物として、読谷焼の大皿を送ったりすることがあるそうです。

 

 

外では、下焼きを終えて、白化粧を施したうつわが乾燥されています。口を開けているのはタラフー(蓋物)でしょうか?これらは今後、絵付けや釉掛けをした上で、再度、窯で焼き上げる(本焼き)のです。

 

 

こちらは絵付けが施され、乾燥されているマカイ(丼)です。

 

 

島袋教授の工房には、登り窯もありますが、これは植木鉢などといった「あらやち(荒焼)」」用(素焼き用)だそうです。

 

 

普段はガス窯でうつわを焼いておられます。うつわは、作っても作ってもあっという間になくなるそうなので、ガス窯がついに3台にもなってしまったそうです。

 

 

ガス窯なので、読谷焼特有の「蛇の目」の入っていないうつわがほとんどですが(一部、共同の登り窯で焼いた蛇の目入りのうつわもあるそうです)、蛇の目がなくても、その素敵なうつわの形、伝統の色や紋様などは、見る人の心を引き付けて止みません。

雑誌でも観光ガイドでも、民藝店、インテリアショップ、百貨店などでも、沖縄のうつわの取り扱いがあるところで、島袋教授のうつわを目にしないなんてことはまずありませんネ!

 

 

これはまさに今、窯から取り出されたばかりの「呉須ロウ抜きマカイ」です。「呉須(=藍色部分)ロウ抜き(=白色部分)」と言えば、読谷焼(壺屋焼)伝統の紋様です。呉須の藍色といい、ロウ抜きの白色といい、本当に素敵ですよね。

 

 

最後に、工房をご案内頂いた島袋教授の自慢の娘さん、可奈子さんをパチリ☆☆☆。

大変暑い中、丁寧に1時間以上も色々教えて頂きました。大変ありがとうございました!!!

 

■うつわ家 常秀工房 島袋常秀さんの

 うつわのページへは

 

ココ】をクリック!