【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中

ヒビノイロドリ。だからこそ
「再焼成」予約が可能です!

 

 

工房の訪問記です。是非ご覧ください。

 

2017年10月時点の状況

 延べご来店:156607 名様

 ご予約待ち:      名様

 発送破損 :     1  

 クレーム :     3  

発送破損事例【クリック下さい】
クレーム事例【クリック下さい】

 

結婚式などのお祝い事の引き出物等に、手仕事のうつわはいかがですか?

 

作り手様のうつわが掲載された本や雑誌を読んでみませんか?


 

 

 


 

2015年4月7日発売の文藝春秋社の「CREA5月号」に当店と知花實さんのうつわが掲載されました。是非ご覧下さい。

 

2010年8月20日発売の「天然生活10月号」に当店が掲載されました。是非ご覧下さい

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!

WHAT'S NEW?
2014/6/9
うつわを含めて随時情報を更新しております。どうぞご覧くださいませ。
2014/6/8
名誉半分、不名誉半分です(苦笑)。
CUSTOMERS ONLY
メールアドレス
パスワード

 

清天工房 松田清春さんの工房に行ってみた。

 

 

松田さんの工房は、読谷村の住宅街(本当に住宅街なのです。)の中にひっそりとあります。

 

 

 

案内看板に従って進んでいくのですが、初めて行かれる方は、「まさかこんな住宅街に工房があるのかなあ?」と思ってしまうでしょう(笑)。かくゆう私も10年前に初めて松田さんの工房へ行った時は、かなり不安になってしまいました。

座喜味城方向から来ると左の写真の細い坂道を降りてくると工房があります。やちむんの里方向から来ると上の写真の細い坂道を登っていくと工房があります。

 

 

工房の前には、松田さんのうつわの原料となる廃ビンがたくさん並べてあるのですぐに分かります。そもそも琉球ガラスは、戦後沖縄のアメリカ軍基地から大量に放出されたコーラの空瓶を原料につくられる様になったのが始まりなのです。

 

 

工房の中では、松田さん(左の写真のピンクのポロシャツが松田さんです!)やお弟子さん達が忙しく作業をされていました。作っても作っても全く注文に追いつかないそうなんです。なんせ松田さんのガラスのうつわは、今や大人気で我々の様な専門店がオーダーしても完成までに3ヶ月以上待ちもザラなのです。ただし、大人気でも、変わることなく、松田さん自身が一つ一つ心を込めて丁寧に作成されていますので、それも仕方がないことなのかもしれませんね。

 

 

ところで、先ほど、工房の前に置いてあった原料のガラスの廃ビンは炉の中で再度融解されます。ある程度の溶けたガラスの塊にして、形を整えては炉の中へ、形を整えては炉の中へを何度も何度も繰り返します。炉の傍は非常に熱いので、扇風機がガンガンに廻っています(夏だからという訳ではありません笑)。

 

 

炉の中の温度は1400℃もあるそうです。そりゃ熱いですよね!

 

 

炉から出しては、形を整え、形を整えては、また炉に入れます。工房を訪れた時は、ちょうどグラスを作成中でした。

作業されていない時は、優しい眼差しで色々な楽しい話をしてくれる松田さんですが、作業中は、真剣そのもの。私、その松田さんのオーラに全く声をかけることができません(笑)。

 

 

さて、地道な作業を繰り返し、ようやく松田さんの納得のいく形が出来上がると、今度は、グラスの底をバーナーであぶります。

 

 

 

 

これができたてホヤホヤのグラス。このグラス1つ作り上げるのにかかった時間は20〜30分ぐらいでしょうか?。こうやって一つ一つ丁寧に松田さんがうつわを手仕事で製作されていくのです。

 

 

工房の奥には大きな炉があります。中では炎がゴオゴオいってます。非常に熱いのです(これも1400℃だそうです)。私、はっきり言って怖かったです(笑)。

 

 

こちらでは、工場長の松本さんが、ガラスを吹いてうつわを作られています。

 

 

ガラスを吹いては、下に置いてある型に押し当てて形を整え、整えては炉に再び入れガラスに熱を加え、また取り出して、再びガラスを吹く。地道にその繰り返し作業をされています。

 

 

ようやく納得のいく形となると次の作業へ進みます。ちょうど別の方が作成されたうつわの底の部分と、工場長の松本さんが吹いてつくったうつわの上の部分を合体させます。

 

 

こうやって松田さんや松本さんやその他のお弟子さん達が作成されたうつわの見本は数知れず。工房の奥に、大量にそしてひっそりと積み上げられておりました。その数、何千種類とあるのではないでしょうか?。

 

 

左の写真は、実際に完成したガラスのうつわのほんの一部です。カタログを頂いたので、松田さんのつくるうつわのレパートリーを数えてみたところ、ざっと400種類ぐらいありました。10年の間で、す、すごいことになっています。

 

 

松田さんのこの笑顔素敵です(^^)。

 

「松田さん、大人気でうつわスゴイ売れてますよねえ!」と言うと、「ガラスが売れても、俺は松島君に最初に会った10年前からな〜んも変わっとらんさ〜〜〜。ただ、白髪が増えただけさ〜〜〜!!」ですって!(笑)。カッコイイわあ、松田さん!!!。実際に松田さんの人柄は、な〜んも変わってないんですよ。素敵です。

 

■清天工房 松田清春さんの

 うつわのページへは

 

ココ】をクリック!