【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中

ヒビノイロドリ。だからこそ
「再焼成」予約が可能です!

 

 

工房の訪問記です。是非ご覧ください。

 

2017年10月時点の状況

 延べご来店:156607 名様

 ご予約待ち:      名様

 発送破損 :     1  

 クレーム :     3  

発送破損事例【クリック下さい】
クレーム事例【クリック下さい】

 

結婚式などのお祝い事の引き出物等に、手仕事のうつわはいかがですか?

 

作り手様のうつわが掲載された本や雑誌を読んでみませんか?


 

 

 


 

2015年4月7日発売の文藝春秋社の「CREA5月号」に当店と知花實さんのうつわが掲載されました。是非ご覧下さい。

 

2010年8月20日発売の「天然生活10月号」に当店が掲載されました。是非ご覧下さい

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!

WHAT'S NEW?
2014/6/9
うつわを含めて随時情報を更新しております。どうぞご覧くださいませ。
2014/6/8
名誉半分、不名誉半分です(苦笑)。
CUSTOMERS ONLY
メールアドレス
パスワード

 

   延興寺窯 山下清志・裕代さん父娘の工房に行ってみた。

 

 

延興寺窯さんは、鳥取県の東の方のひっそりとした山あいにあります。辺りは田園地帯で、本当に静かです。車もほとんど走っておりません。看板もありませんので、近所で農作業をされていた方に、場所をお聞きしたところ、全く違う場所を探していたことが分かりました苦笑。

 

 

延興寺の集落から離れた、ちょっと小高い場所に、ポツンと工房が建っていました。もし行かれる方いらっしゃましたら、煙突を目標に探してみてくださいませ。

 

 

入口には、何でしょう?。休憩用の椅子でしょうか?。なぜかジーンズが二本干してありました笑。

 

 

失敗したうつわが、何気なく庭に置かれておりましたが、なんとも暖かな良い雰囲気が伝わってきます。

 

 

 

 

↑こちらは、山下さん親子の作業スペースです。親子並んで作業できる様に、並列してスペースが設けられています。明るさが確保できる様に、外部の窓に向かってスペースが設けられていますね。うつわ作りの為の色々な道具が、所狭しと並んでいます。

 

←ちょうどお孫さんも帰省されておりまして、作業スペースの床には、チョークでカワイらしい落書きがされていました笑。

 

 

全国各地で個展をされておりますし(お伺いした時も、実は東京で個展中だったのですが、偶然、山下さんは一時的にお戻りでした)、もう誰しも知っている雑誌の「Discover Japan」や「山陰旅行クラフト+食めぐり」の旅行本やら、鳥取県の広報誌やら、色々掲載されております。その為、注文が、とにかくたくさんある様です。インターネットだけのうつわの扱いは、やっぱり当店「ヒビノイロドリ。くらしのうつわ」だけでして、なんとかお取り扱いをお願いしたら、了解頂けました。

 

 

壁には、読谷山焼北窯の呉須菊唐草の尺皿が掛かっていました。娘の裕代さんは、2004年まで、読谷山焼北窯松田共司さんの工房で修行されて、実家の延興寺窯に入られました。その為、当店で取り扱いのある読谷の「工房十鶴」の柄溝さんご夫妻などともご友人なんだそうです。柄溝さんも、結婚の前に、奥様と一緒に延興寺窯さんへ挨拶に来られたそうです。世間って狭いですよね。沖縄が鳥取でつながるなんて笑。しかし、ますます延興寺窯さんの今後が楽しみですね。

 

 

作業スペースの上には、製作されたうつわが乾燥中でした。

ところで、山下さんは、地元の土と釉薬の原料である地元の黒石にこだわって、この延興寺という場所で1979年に築窯されたのです。地元の土は、鉄分を含んだ締まった良い土なんだそうですよ。また、黒石は、黒釉や飴釉の原料になるそうです。山下さんのうつわの黒色や飴色は大変美しいので、一度、当店にUPされているうつわ、ご覧になってください。

 

 

この蒔は何だと思いますか?。

そうなんです!。延興寺窯さんは、「登り窯」でうつわを焼かれるので、大量の蒔が必要となるのです。窯の前に大量に積んでありました。

 

 

これが延興寺窯さんの「登り窯」です。四連房の窯です。うつわを焼くのに、しょっちゅう使用されているそうです。やっぱり、読谷の横田屋窯さんや読谷山焼北窯さんもそうですが、登り窯で焼成する時に生まれる偶発的な釉薬の混じりあいや色合いは、なんとも魅力ですものね。もちろん、登り窯だけでなく、小さな灯油の窯もお持ちです。注文が多いので、1ヶ月に何度も、登り窯や灯油窯でうつわを焼かれるとのことでした。

 

 

こちらが実際の完成したうつわです。山下さんのうつわって、その色合いもさることながら、なぜだか良く分からないんですが、持った時の手触りが、土の風合いを残しながらも、本当に柔らかく優しいのです。こんなこと思ったの初めてなんですが、本当に驚きます。山下さん親子の人柄が現れているのか?それとも延興寺の土なのか?画像では、絶対お伝えできないのが非常に残念です。是非、一度手にとってその良さを確認してみてください!。

 

 

こちらは山下さんご夫妻です。前日は裕代さんともお話させて頂いた(2日間続けてお伺いした)のですが、丁度お出かけ中でした。

色々お話していると、清志さんのうつわに対する情熱と素朴で優しい人柄が、ひしひしと伝わってきますよ。「あ〜こういう人が作ったうつわを使うのって幸せなことなんだろうなあ」と思ってしまいました。奥様とも、私の本籍地が奥様とかなり近いことが分かり、盛り上がってしまいましたが、それを優しく見守る清志さんでした。素敵です。

 

■延興寺窯 山下清志・裕代さんの

 うつわのページへは

 

ココ】をクリック!