【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中

ヒビノイロドリ。だからこそ
「再焼成」予約が可能です!

 

 

工房の訪問記です。是非ご覧ください。

 

2017年07月時点の状況

 延べご来店:155092名様

 ご予約待ち:     名様

 発送破損 :      件

 クレーム :      件

発送破損事例【クリック下さい】
クレーム事例【クリック下さい】

 

結婚式などのお祝い事の引き出物等に、手仕事のうつわはいかがですか?

 

作り手様のうつわが掲載された本や雑誌を読んでみませんか?


 

 

 


 

2015年4月7日発売の文藝春秋社の「CREA5月号」に当店と知花實さんのうつわが掲載されました。是非ご覧下さい。

 

2010年8月20日発売の「天然生活10月号」に当店が掲載されました。是非ご覧下さい

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!

WHAT'S NEW?
2014/6/9
うつわを含めて随時情報を更新しております。どうぞご覧くださいませ。
2014/6/8
名誉半分、不名誉半分です(苦笑)。
CUSTOMERS ONLY
メールアドレス
パスワード

 

工房十鶴 柄溝康助・聖子さんの工房に行ってみた。

 

 

柄溝さんの工房は、やちむんの里から少し離れたところにあります。一番最初(2009年)に、工房を訪れた時は、場所が分からず、あき陶器工房の金城定昭さんに車で先導してもらいました(笑)。

工房は、コンクリート打ち放し+ブロックで、建具の木目の色合いの美しい建物です。ちなみに、一級建築士の店長の観点からは「エロッちい工房」と呼んでいます(笑 ※「エロッちい」は悪い意味ではありません。店長的に「雰囲気あるカッコイイ建物」という意味です)。

 

 

上の画像の右側、ちょうど庇が突き出た部分には、出荷待ちのうつわ達がたくさん並べられています。

2010年の夏は、東京や大阪や京都の「J.(ジェイピリオド※FrancFrancの系列です)」で、柄溝さんご夫妻のうつわを見られた方も多いはず。店長も、柄溝さんのうつわの勇姿を確かめに、何度も梅田イーマの「J.」に足を運んでしまいました笑。

 

 

敷地の奥には、うつわの「命」とも言える粘土がたくさん置いてありました。まだドレン機で水分を絞り出す前のものの様ですね。

 

 

あ!、これも忘れてはいけない。柄溝さんのうつわの素敵な色合いを決定づける為の釉薬の原料です。

 

 

こちらが、ご夫妻のロクロの作業場です。どのうつわが康助さん、聖子さんという区別はしていないそうですよ。ご夫婦で、同じ様にうつわをつくられるそうです。

 

 

ロクロでうつわの形が整うと、うつわに、時間をかけて複雑に調合した釉薬をかけたり、紋様を描いたりされます。

 

 

これは、三彩点打ちの紋様が描かれたマカイですね。乾燥を待って、窯に詰められます。

 

 

窯の横には、釉薬の配合割合やら、注文のあったうつわの形やら、注文数が色々記載されています。ちなみに、黒板に貼られた紙は、「ヒビノイロドリ。くらしのうつわ」の実店舗(!)の計画書です。2010年秋、実店舗を京都市上京区というところで、オープンさせる予定なんです。ま、まだ店を押さえただけで、具体的に何も考えていませんが、とりあえず、柄溝さんに、京都での取り扱いをお願いしておき、快くご快諾いただけました!。

 

 

柄溝さんの窯は、非常に大きなガス窯です。

 

 

窯の上には、柄溝さんの落書き(?)が。。。「生まらみてぃそうりよー」と・・・・???どういう意味なんだろうか?。そういえば、聞くの忘れてしまいました(笑)。

 

 

工房の入口には、「金庫」が。。。「こんなところに置いてあったら、すぐに誰かに持ち逃げされるんじゃありませんか?」と聞いてみたところ、「それは試験用の少量用の窯!!!笑笑笑」ですって。絶対金庫に見えます。しかも、100万円貯まるまで、蓋が開きません的な。。。笑笑笑

 

 

これが、実際に出来上がった、コーヒービーンズシリーズの角皿。コーヒービーンズシリーズというのは、店長が勝手につけただけなので、「正式な名前ってなんですか?」って、奥様にお聞きしたら、「松島さんの名づけたコーヒービーンズシリーズっていうのが、私、気に入っていってて、それでいいんじゃないんですか?笑」って言われました。という訳で、コーヒービーンズシリーズの角皿です。カワイイでしょ!。コーヒー豆の形がたまりませんね。

 

 

工房の建物の横には、たくさんの出荷待ちのうつわが並べられています。ひとつひとつじっくり見ていくと、全く時間がたりません。日が暮れそうです(笑)。

 

 

柄溝さん、うつわを一つ一つ丁寧に布で拭いては、箱詰めしたり、机に並べたりしていきます。

 

 

ドラゴンフルーツ頂きました。ちなみに、ご夫妻とも、あまり好きじゃないとのこと。「そいじゃ、なんで出すんですか〜〜笑笑笑???」とお聞きすると、「いやあ〜、みんなが庭でなってるやつをくれるから、消費しないといけないので笑笑笑」と。。。。。「よかったら、松島さんの事務所にドラゴンフルーツ大量に送っておきます」と柄溝さん。マジで沖縄から帰って一週間後に、どっさりの、ドラゴンフルーツとマンゴーまで送って頂きました。私はドラゴンフルーツ、マンゴー大好きなので、大満足です。ありがとうございます。感謝感謝です!!!。

 

 

人柄がにじみ出たお二人の笑顔が素敵でしょ!。柄溝さんご夫妻が、店長のリクエストにわざわざ答えてくれて、めちゃくちゃ照れながらもしゃべってくれた動画も是非、見てくださいね!。いや、もちろん、柄溝さんご夫妻のうつわ、やちむんの伝統の技を用いながらも、普段使いのできる現代的な新しい形に挑戦されていますので、是非、当店「ヒビノイロドリ。くらしのうつわ」にてご購入くださいませ!。

 

■工房十鶴 柄溝康助・聖子さんの

 うつわのページへは

 

ココ】をクリック!

 

 

 

 

■■■画像の解説■■■

読谷山焼北窯ご出身の柄溝康助・聖子さんご夫妻です。最近では、東京や大阪の「J.(ジェイピリオド)」などの有名店でうつわをよくお見かけします。

動画の撮影をお願いしたら、康助さんと聖子さんが「え〜〜そんなもん撮るのぉ〜〜」などと言いながらも、快く快諾いただけました。店長がカメラの反対側でふざけていましたので、思わず笑顔あふれる画像になってしまいました。皆様お許しくださいまし笑笑笑。