【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中

ヒビノイロドリ。だからこそ
「再焼成」予約が可能です!

 

 

工房の訪問記です。是非ご覧ください。

 

2017年07月時点の状況

 延べご来店:155092名様

 ご予約待ち:     名様

 発送破損 :      件

 クレーム :      件

発送破損事例【クリック下さい】
クレーム事例【クリック下さい】

 

結婚式などのお祝い事の引き出物等に、手仕事のうつわはいかがですか?

 

作り手様のうつわが掲載された本や雑誌を読んでみませんか?


 

 

 


 

2015年4月7日発売の文藝春秋社の「CREA5月号」に当店と知花實さんのうつわが掲載されました。是非ご覧下さい。

 

2010年8月20日発売の「天然生活10月号」に当店が掲載されました。是非ご覧下さい

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!

WHAT'S NEW?
2014/6/9
うつわを含めて随時情報を更新しております。どうぞご覧くださいませ。
2014/6/8
名誉半分、不名誉半分です(苦笑)。
CUSTOMERS ONLY
メールアドレス
パスワード

 

読谷山焼北窯 松田米司さん の工房に行ってみた。

 

 

読谷山焼北窯の外観はこんな感じです。大きな建物なのですが、松田米司さん、松田共司さん、宮城正享さんの工房が連棟となっている様です。前庭もたくさんのうつわを乾燥させられる様に、とても広いです。
たまたま、前庭をブラブラしていたら、ばったり米司さんに出くわしまして、「どっかで見たことある顔だねえ。。。(笑)。お茶でも飲んで行って!」と言われて、普段は入れない工房内へ。もちろん撮影許可も頂いております。

 

 

内部屋根部分は、重厚な木造です。大きな丸太まるまる使って大胆に小屋組みされております。構造を露わにした、この武骨な雰囲気がたまりませんね。

  

 

壁には、製作されたうつわが飾り付けられたりしております。大きな尺皿などは、この様に、壁に掛けて確かに素敵ですね。

 

 

私が「おや?」と思ったのが、このスペース。今までに製作された色々な見本品が、置かれています。棚上段の瓶子が、個人的にとても気になります。

 

 

米司さん、こちらでチューカーを製作中でした。読谷山焼北窯さんは、お弟子さんが非常に多いので、「案外、お弟子さんが、製作されていたりするのかなぁ?」と個人的に思っておりました(すいません!)。ご本人もしっかり、製作に従事されております。

 

 

微妙に調整を何度も繰り返しながら、少しずつ作っておられました。う〜ん、こんな有名な方の作業を間近に見れて、かなりの感動を一人でしておりました(笑)。

 

 

釉掛けが終わり、乾燥が終わったうつわのストックは、工房の中で、絵付けです。まだ釉掛けが終わっていないうつわなんかも棚に並んでいます。

 

 

うつわのストック、本当にたくさんありますが、作っても作ってもすぐになくなってしまうんですよね。現在、完全に業者さんの争奪戦になっておりますので(笑)。

 

 

こちらは、外で乾燥中のうつわ達。でもこれはどうやら同じ読谷山焼北窯の宮城正享さんのイッチンのうつわなのではないでしょうか?。まあ、とにかく工房の前庭で、とにかくたくさんのうつわ達が並べられて、乾燥の途中にあるのです。

 

 

これは、さっき米司さんが作っていたチューカーですね。こんなにたくさん湯呑もチューカーも作っているのに、人気で、ホントすぐなくなっちゃうんですよ。我々、業者さんは、毎回の確保にホント四苦八苦しております(笑)。

 

 

こちらは、読谷山焼北窯の共同登り窯ですね。読谷山焼北窯さんは、自然相手の登り窯でしかうつわを焼成されないのです。これを年に5回、窯焼きされるのですが、とても労力の必要な作業です。13連房もありますので、下から見ると、とにかく大迫力です。

 

 

実際に、登り窯で出来上がったうつわがこちら。真ん中が松田米司さん(ん?もしかして、共司さん?)の湯呑、上・下が宮城正享さんの湯呑です。登り窯なので、釉薬が流れてしまうのですが、そこがまた、うつわの良い味となるのです。

 

 

屋根には、二匹のシーサーです。もう一匹います(笑)。そんな素敵な読谷山焼北窯の松田米司さんの工房です。



■読谷山焼北窯 松田米司さんの

 うつわのページへは

   ココ】をクリック!

 

 

↓松田米司さんの作陶風景はこちら。是非ご覧くださいませ。