【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中

ヒビノイロドリ。だからこそ
「再焼成」予約が可能です!

 

 

工房の訪問記です。是非ご覧ください。

 

2017年10月時点の状況

 延べご来店:156607 名様

 ご予約待ち:      名様

 発送破損 :     1  

 クレーム :     3  

発送破損事例【クリック下さい】
クレーム事例【クリック下さい】

 

結婚式などのお祝い事の引き出物等に、手仕事のうつわはいかがですか?

 

作り手様のうつわが掲載された本や雑誌を読んでみませんか?


 

 

 


 

2015年4月7日発売の文藝春秋社の「CREA5月号」に当店と知花實さんのうつわが掲載されました。是非ご覧下さい。

 

2010年8月20日発売の「天然生活10月号」に当店が掲載されました。是非ご覧下さい

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!

WHAT'S NEW?
2014/6/9
うつわを含めて随時情報を更新しております。どうぞご覧くださいませ。
2014/6/8
名誉半分、不名誉半分です(苦笑)。
CUSTOMERS ONLY
メールアドレス
パスワード

 

リアル・ヒビノイロドリ弐号のその後。。。



 

 「ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 西陣・弐号」は、旅館業法等の許可を取得し、
 2014年4月4日に、新たに京町家のゲストハウス&バー(宿泊施設&飲食施設)として生
 まれ変わりました(名称は、「ITOYA atand Guesthouse & Bar」さんです。)。
 ただし、当店は、町家の所有主であり、ゲストハウス及びバーの運営主ではありません。
 また、ゲストハウス及びバーの運営には、一切関係しておりませんので、ご予約、お問
 い合わせ等は、直接、ゲストハウス及びバーの運営主様へよろしくお願い申し上げます。
 引き続きウェブショップ「ヒビノイロドリ。くらしのうつわ」へのご来店心よりお待ち
 申し上げております。

 
                  ITOYA atand Guesthouse & Barさんのホームページ→こちら(リンク)
 

 

リアル・ヒビノイロドリ2013。。。


 

再度、実店舗をオープンしようと考え、京町家の「ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 西陣弐号」を立ち上げました。再オープンを見据えて、毎日細々と修理しながらの準備中に、もっと面白い使い方をして頂ける使い手様に当建物を見つけて頂きました。結局、意志の弱い私は再びオープンを断念致しました(コツコツ修理してると、途方もなく時間が足りないことが分かりました・泣)。いったいいつになれば、実店舗を再オープンできるのか?。その日は、かなり遠そうです。いつか再度、「ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 京都参号」がオープンできる日を夢見て、再度走り続けます。

 

 ●建物内部の様子

この建物は、今から85年前の昭和4年築の町家です。この辺りは、いわゆる京都の「西陣(京都の西陣織と言えば、一度はお聞きになったことがあるかもしれませんね。)」の地域に属しています。な、なんと今回は、京町家にして元・コロッケ屋さんの店舗兼住居!。店舗は10年ぐらい前に、体調の関係で惜しまれつつ(当時は人気がすごくあったらしいです)閉店されたそうですが、その後は住居として使用されておりました。
1階外部と店の間は、店舗として改造されておりますが、2階外部は町家の雰囲気そのままです。今では生産できないであろう赤茶けた光を放つモザイクタイルが、我ながらとても渋い建物です。

 

屋根は、加敷造という町家ならではの伝統工法です。垂木の小口が金物で蓋してあったり、軒桁と垂木が大釘で緊結されていたりして、結構しっかりとした造りとなっております。

 

入口の扉は、店舗時代に改造された四枚のアルミサッシが入っております。外を行き交う人々が、店内からとてもよく見渡せる様になっております。

普通改修されていて、おくどさんの所で床上げされていたりするんですが、この町家は珍しく通り土間が、そのまま裏庭までずっと続いております。使い込まれて年季の入った土間の雰囲気がとても素敵です。

下の画像は、店の間がまだコロッケ屋時代だった頃に、貼られていた壁紙そのままです。
実にサイケデリックな雰囲気が、往年の70〜80年代を思わせる様で楽しいです。今ではこんなファンキー壁紙は絶対どこにも売ってないでしょうね。

通り土間の部分には、住居部分の炊事場がそのまま残されております。100角タイルとモザイクタイルのなかなか懐かしい雰囲気。一般的なシンクに取り換えることなく、今まで現役で長らく使用されておりました。

上の炊事場のタイルに貼られていたガス漏れ注意の表示がなかなか面白い!。「ガス漏れに気が付いたら」、どうするのか?、肝心な部分がよく見えません(笑)。

通り土間部分は、町家らしく、しっかり吹き抜けており、外からの柔らかな光が降り注いできます。でも、長年の埃がたまっている模様で、掃除しなくちゃの状態です(笑)。

昔はブレーカーなんてなかったので、電気の線は碍子に巻きつけて絶縁させる様になっておりました。ちょうど階段の下にその名残、いやまだまだ現役で残っておりました。

ほら!、階段を昇ると消火器看板。このレトロな雰囲気がたまりません。

2階には、アンティークな水屋やショーケースが置いてありました。是非、リペアして再利用したいところです。 

襖の下張に古文書みたいなもの?(いいんでしょうか?笑)、それともお習字の添削されたもの?が使用されておりました。
また、通りの表側の木製サッシの鍵も、電気のスイッチも今では見ることのない実にアンティークな代物です。まあるい黒い電気のスイッチなんて初めてみました。
これまたアンティークなガラスの笠を被った照明も吊り下げられておりました。
建物内、結構色々古い状態のものが残されており、これをどう残して生かすかが、千恵の絞りどころですよね。

ちなみに町家の外観は、こんな感じです。1階が元店舗なので、2階のコッテリ町家部分とちょっとチグハグな感じは否めません。所謂、半看板建築の様なデザインをしております(笑)。まあ、そこをどう変えて、この建物の魅力を発信するのか検討するのが面白いところです。


現在は、既に運営主様の改装が終わり、とっても素敵な雰囲気になっておりますので、是非、現地に行って、宿泊あるいは飲食して確かめてくださいませ。今後、どういったことがこの町家から発信されていくのかとても楽しみです。

さあて、当店は、再実店舗化に向けて、次の一手を考えることに致します(笑)。

 

★↓↓↓お目当ての『うつわ』が見つからない場合は、是非、下記のうつわのページでも探してみてください!↓↓↓★

焼き物サーチへの入口

WEB SHOP探検隊への入口

陶器・食器 KING SITE RANKINGへの入口

陶器・食器人気ランキングへの入口

陶器・食器・グラス
陶器・食器・グラ

ネットショップランキングへの入口