【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中

ヒビノイロドリ。だからこそ
「再焼成」予約が可能です!

 

 

工房の訪問記です。是非ご覧ください。

 

2017年04月時点の状況

 延べご来店:153748名様

 ご予約待ち:     名様

 発送破損 :      件

 クレーム :      件

発送破損事例【クリック下さい】
クレーム事例【クリック下さい】

 

結婚式などのお祝い事の引き出物等に、手仕事のうつわはいかがですか?

 

作り手様のうつわが掲載された本や雑誌を読んでみませんか?


 

 

 


 

2015年4月7日発売の文藝春秋社の「CREA5月号」に当店と知花實さんのうつわが掲載されました。是非ご覧下さい。

 

2010年8月20日発売の「天然生活10月号」に当店が掲載されました。是非ご覧下さい

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!

WHAT'S NEW?
2014/6/9
うつわを含めて随時情報を更新しております。どうぞご覧くださいませ。
2014/6/8
名誉半分、不名誉半分です(苦笑)。
CUSTOMERS ONLY
メールアドレス
パスワード

 

   雅峰窯 市野秀之さんの工房に行ってみた。

 

 

丹波焼の郷は、ひっそりとした山あいにあります。秀之さんの工房は、沿道から少しそれて細い路地を上っていったところにあります

 

 

2階の応接室からは、のどやかな田園風景が広がっています。昔から変わらぬ豊かな自然が、素朴で飾り気のない丹波焼に宿っているのだと深く実感します。

 

 

工房へお邪魔すると、秀之さんが作業されていました。

静かな工房の中で、ロクロの音と、粘土を削る音だけが響きます。

 

 

秀之さんの手元を見ていると、いとも簡単にスルスル削られていき、みるみるうつわの形が現れます。

 

 

作陶中の秀之さんを、後ろでそっと優しく見守る奥様。なんともほほえましい光景です。

 

 

秀之さんの傍らでは、京都での陶芸の勉強を終え戻られた跡継ぎの息子さんも作陶中です。一輪挿しを作成されています。

 

 

ロクロ以外にも、写真の様な木型を用いてうつわを整形したりします。

秀之さんは、使い手になじむ最適なデザインを求めて、一つのうつわの為に、木型を何度も何度も作成し直すのだそうです。もちろんすべて、秀之さんの手作業です。

 

 

丹波の土は、鉄分が多く含まれているそうです。土の混ぜ方によっても、焼きあがった時の色や風合、手触りが大きく変わります。

 

 

長年の経験から編み出され、混ぜる割合を緻密に計算した釉薬をうつわに掛けることにより、焼きあがった時の、秀之さんのうつわ独特のマットホワイトやターコイズブルーが生まれます。釉薬の混ぜ方のほんのちょっとの違いで、色が大きく変わってしまうそうです。

 

 

いったん800度程度で素焼きされた後に、再度、窯にて焼かれます。

 

 

秀之さんの工房には、登り窯と灯油窯と電気窯があります。訪れた当日はちょうど灯油窯でうつわを焼かれている最中でした。

 

 

窯の扉にある小窓から中が直に覗けるのですが、真っ赤です。窯内部は、高温部分で1200度くらいあるそうです。

 

 

立派な登り窯もあります。

丹波の登り窯は、その長さと独特の形状から、「蛇窯」などと呼ばれたりします。

登り窯の周囲には、大量の薪がつまれています。薪は、登り窯の燃料となります。

登り窯でうつわを焼くときは、何十時間も、薪を何度も何度もくべながら、秀之さんがつきっきりで作業を行うのです。

 

 

おや?登り窯の横の椅子の上に、秀之さん作のマグカップが・・・。

登り窯で焼いている時の、ほんの合間に水などを飲むのでしょうか??それにしても素敵なマットホワイトだと思いませんか?是非、私は、「市野ホワイト」と呼びたいところです。

 

 

実際の完成品がこちらです。「市野ホワイト」も素敵ですが、実は一つ一つ手作業で削っていく鎬紋(しのぎもん※格子の様な模様になっている部分)も素敵です。

是非、雅峰窯のうつわ、一度使ってみてください。その色や風合い、手触りがなんとも言えません。

 

 

「写真は苦手なんやあ・・・」と言いつつも、快く撮影に応じてくれた、素敵な秀之兄ぃの笑顔と共に、パチリ☆。

最近新調した工房の看板がえらくお気に入りなんだそうです。(^^)

 

 

秀之さんは、丹波焼に直接触れて欲しいということで実際に丹波でうつわをつくってみて欲しいのだそうです。その為、陶芸教室にも力を注がれているのです。

 

秀之さんの陶芸教室の特徴としては

 @秀之さん他の適切な指導で、

  初心者の方でも希望のうつわが

  プロ並みに出来上がります。

 A焼き上がりの色も、自由に選択できます。  (これは秀之さんの工房だけです。)

  

 土、日、祝祭日のみ

 電動ロクロ体験は3500円〜

 (指導・土・釉薬・焼成代込み)

 

一度、是非、体験してみてください。

おもしろいですよ!

自分でつくったうつわで御飯なんて最高じゃありませんか?

詳細は、

秀之さんに問い合わせてみてください。

 

■雅峰窯 市野秀之さんのうつわのページへは

 

ココ】をクリック!