【クリック】トップページへ戻る

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ トップページ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 商品カテゴリー ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お支払い方法・配送方法 ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 運営者の紹介

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ 新着情報

ヒビノイロドリ。くらしのうつわ お問い合わせ ヒビノイロドリ。くらしのうつわ カートの中

ヒビノイロドリ。だからこそ
「再焼成」予約が可能です!

 

 

工房の訪問記です。是非ご覧ください。

 

2017年10月時点の状況

 延べご来店:156607 名様

 ご予約待ち:      名様

 発送破損 :     1  

 クレーム :     3  

発送破損事例【クリック下さい】
クレーム事例【クリック下さい】

 

結婚式などのお祝い事の引き出物等に、手仕事のうつわはいかがですか?

 

作り手様のうつわが掲載された本や雑誌を読んでみませんか?


 

 

 


 

2015年4月7日発売の文藝春秋社の「CREA5月号」に当店と知花實さんのうつわが掲載されました。是非ご覧下さい。

 

2010年8月20日発売の「天然生活10月号」に当店が掲載されました。是非ご覧下さい

PRODUCTS SEEK
キーワード
PRODUCTS

 

うつわを購入された【お客様の声】を是非ご覧ください!

WHAT'S NEW?
2014/6/9
うつわを含めて随時情報を更新しております。どうぞご覧くださいませ。
2014/6/8
名誉半分、不名誉半分です(苦笑)。
CUSTOMERS ONLY
メールアドレス
パスワード

 

 

■延興寺窯(延興寺/鳥取) 山下清志・裕代さん父娘 
 (※写真は山下さんの奥様です)

山下清志さん・裕代さん親子(延興寺窯)の工房にお邪魔しました!(写真は山下さんの奥様です)

鳥取県の静かな山あいに、山下さんの工房はあります。1979年開陶以来、山下清志さんは、地元延興寺の陶土と黒石などにこだわり、登り窯を使用して、日々、手仕事のうつわ作りに励まれてきました。2004年には、読谷山焼北窯での修行を終えた娘の裕代さんも加わり、今後の展開がますます楽しみです。非常にシンプルで、色合いの優しい、使い勝手の良いうつわがたくさん揃っています。

 

そんな山下さんの工房、是非ご覧ください。

【ココをクリック】

 

■袖師窯(袖師/島根) 尾野智彦さん(画像は先代の故・尾野晋也さんです。)

尾野晋也さん(袖師窯)の工房にお邪魔しました!

袖師窯さんは、明治十年開窯で、非常に伝統ある工房です。河井寛次郎、浜田庄司、バーナードリーチなど、今をときめく民藝再興の祖を作り出した人々から指導を受け、現在まで島根の民藝陶器を牽引してきました。尾野さんは四代目当主。地元に産出する陶土、原料を使用して、土づくりから全て手仕事で開窯当初から変わらない手法で、使い勝手良く、簡素の中にも潤いのあるうつわづくりを心がけておられます。

※尾野晋也さんは2012年12月31日にお亡くなりになられました。生前の元気なお姿、是非ご覧くださいませ。なお、現在は五代目の尾野智彦さんが工房を継承されております。

 

そんな尾野さんの工房、是非ご覧ください。

【ココをクリック】

 

■横田屋窯(読谷焼/沖縄) 知花實さんご夫妻

知花實さんご夫妻(横田屋窯)の工房にお邪魔しました!

民藝の心を常に大事にして、使い手のことを考えた素朴なうつわづくりを行われています。たたし、伝統的な方法で、全て手作業にて、年にたった2回の登り窯だけでしかうつわをつくられません。その貴重さはもう横田屋窯ファンの皆様がご存知のことでしょう!

 

そんな知花さんの工房、是非ご覧ください。

 

★ネットだけのお店としては、当店「ヒビノイロドリ。くらしのうつわ」だけが唯一ご夫妻に公認されています。

【ココをクリック】


■読谷山焼北窯(読谷焼/沖縄) 松田米司さん(米司工房)

やちむん(壺屋焼・読谷焼)がお好きな方なら、もう今や誰もが知っているという超人気の読谷山焼北窯松田米司さんのうつわ。現在のやちむんムーブメントを牽引されている方と言っても過言ではないでしょう。ただし、ご本人は、そんなことに一切慢心することなく、伝統の技や知識を大事にして、日々、うつわ作りに全身全霊傾けておられます。

 

そんな松田米司さんの工房、是非ご覧下さい。

【ココをクリック】

 

■読谷山焼北窯(読谷焼/沖縄) 宮城正享さん(宮城工房)







宮城正享さんのうつわ、是非ご覧ください
          
【ココをクリック】
(準備中)
宮城正享さんの工房、是非ご覧下さい。

【ココをクリック】

 

■常秀工房(読谷焼/沖縄) 島袋常秀さん

島袋常秀さん(常秀工房)の工房にお邪魔しました!

やちむん(壺屋焼・読谷焼)がお好きな方なら、誰もが知っている島袋常秀さんのうつわ。現在は沖縄県立大学の教授(美術)もされておりますのでうつわに対する知識や腕は確かなもの、まさに文武両道といった感じです。読谷焼(壺屋焼)の技や伝統を継承しながらも、ちょっとお洒落で洗練されたうつわを作陶されています。

 

そんな島袋教授の工房、是非ご覧下さい。

【ココをクリック】

 

■あき陶器工房(読谷焼/沖縄) 金城定昭さん           

金城定昭さん(あき陶器工房)の工房にお邪魔しました!

金城さんは、唐草紋様がうつわの周囲を一周するという「巻唐草」の名手です。しかも巻唐草が細い線で繊細に描きこまれており、線の色も濃い藍やモカ色の為、どことなく洋風のイメージが漂います。その為、一味違った読谷焼が味わえるのです。

 

そんな金城さんの工房、是非ご覧下さい。

【ココをクリック】

 

■陶房高江洲(読谷焼/沖縄) 高江洲康次さんご夫妻

高江洲さんのうつわの「線彫掻落し」を見た瞬間に、「す、すごい!」と思ってしまいました。実に緻密な「線彫掻落し」の技。まるで、コンピューター搭載の彫刻機で正確に削りだしたかの様です。そもそも、壷屋焼伝統の技である「線彫掻落し」には型紙なんかありません。全て自分の経験と感覚だけです。しかも、六寸皿だと一枚五分程度と、とにかく凄い速度で作業されます。

 

そんな高江洲さんの工房、是非ご覧下さい!。

【ココをクリック】

 

■工房 綾(読谷焼/沖縄) 萬羽綾子さん(バンビ)

萬羽綾子さん(工房 綾)の工房にお邪魔しました!

読谷焼の未来を担う若手の作家さんです。

読谷焼(壺屋焼)の技や伝統を継承しつつも、柔らかで優しさにあふれたうつわをつくられています。また、どことなくノスタルジックな雰囲気の色あいに、なんとも言えない女性らしいかわいらしさがうつわの随所に現れています。

 

そんな萬羽さんの工房、是非ご覧下さい。

【ココをクリック】

 

■工房十鶴(読谷焼/沖縄) 柄溝康助・聖子さん

読谷焼工房十鶴 柄溝康助・聖子さんの工房にお邪魔しました!

読谷焼の未来を担う若手の作り手さんです。ご夫妻とも読谷山焼北窯で長年修行され、2009年に独立されました。やちむんの技や伝統を継承しつつも、優しさにあふれた、ほのぼのとしたうつわを数多くつくられています。非常に人気で、最近は、東京や大阪や京都などの某有名インテリアショップでも、頻繁にうつわをお見かけします。そんな柄溝さんの工房、是非、一度覗いてみてくださいまし。

※しかし、なんで柄溝さんのTシャツには「父さん」って書かれているのでしょうか?。聞くの忘れました(笑)。

【ココをクリック】

 

■室生窯(名護/沖縄) 谷口室生さん

山陰のうつわに影響を受け、読谷山焼・山田真萬氏に師事すること8年。薪窯の構築と静かな環境を求めて、2010年に名護に築陶されました。山田真萬調のやちむんらしさも匂わせながら、どことなく鳥取や島根的なうつわの雰囲気を融合させた新たなうつわを製作されております。既に内地のインテリアショップ等でも室生さんの独創的なやちむんを見られている方も多いはず。今後の更なる活躍楽しみな作り手様の一人です。そんな、素敵な谷口室生さんの工房、室生窯を是非ご覧下さい。

【ココをクリック】
 

 

■吹きガラス工房彩砂(読谷焼/沖縄) 小野田郁子さん(いーくー)

琉球ガラスの未来を担う若手の作り手さんです。琉球ガラスの名工「稲嶺盛吉」の下で修行すること11年あまり、2009年10月に独立されました。あの名工「稲嶺盛吉」を「じーじ」と呼んでしまう大胆さながら、女性的な柔らかい色合いやフォルムは、他の琉球ガラスでは見られません。また、伝統の技に基づきながら、様々な新しい形や色にチャレンジされています。とにかく超素敵なものばかり!。

 

そんな、いーくーの工房、是非ご覧下さい。

【ココをクリック】

 

■清天工房(琉球ガラス/沖縄) 松田清春さん

松田清春さん(清天工房)の工房にお邪魔しました!

琉球ガラスと言えば、もちろんこの方。清天工房松田清春さんです。独学で琉球ガラスを研究し、工房を開設して10年超。今や航空機内誌からファッション雑誌の沖縄特集には必ず登場し、取り扱いはあの有名なセレクトショップの「ビームス」までに及ぶ。

普段使いながらも、沖縄の空や海を思わせる澄んだ色やSモールを代表とするデザイン琉球ガラスの第一人者です。

 

そんな松田さんの工房、是非ご覧下さい。

【ココをクリック】

 

■昇陽窯(丹波焼/兵庫) 大上裕さん

大上裕さん(昇陽窯)の工房へお邪魔しました!

丹波焼の歴史と伝統を受け継ぎ、常に「民藝」の心を大事にして、うつわの作陶に励んでおられる大上裕さん(昇陽窯)の工房訪問記です。

周辺の窯元さんの中でも、非常に貴重な昔ながらの登り窯を3基と穴窯を1基お持ちです。

 

そんな大上さんの工房、是非ご覧下さい。

【ココをクリック】

 

■雅峰窯(丹波焼/兵庫) 市野秀之さん

市野秀之さん(雅峰窯)の工房へお邪魔しました!

800年の歴史を誇る丹波焼。

そんな歴史と伝統を受け継ぎながらも、

常に普段使いのできる新しいうつわの作陶に励む市野秀之さん(雅峰窯)の工房訪問記です。

 

そんな市野さんの工房、是非ご覧下さい。

【ココをクリック】

 

■丹窓窯(丹波焼/兵庫) 市野茂子さん

日本の民藝運動の祖である柳宗悦や濱田庄司、あるいは、かの有名なバーナード・リーチと、とても縁の深い丹窓窯さん。800年の歴史を誇る丹波焼とスリップウェアーの融合は見事です。スリップウェアーを中心とした普段使いのできる素敵なうつわの作陶に励む市野茂子さん(丹窓窯)の工房訪問記です。

 

そんな市野茂子さんの工房、是非ご覧下さい。

【ココをクリック】
※ただ今、製作中ですが、写真ご覧頂けます。 

 

■山本正則(信楽焼/滋賀) 山本正則さん

日本の藝術の最高峰である国立東京藝術大学を卒業の後、大倉陶園でのデザイナー生活や鳥取の岩井窯で修行の後、信楽にて工房を開陶。現在までに培った知識や技術をもとに、日常生活にマッチするちょっとモダンで素敵なうつわを製作されております。当店として今後の活躍が楽しみな作り手様の一人です。

 

そんな山本正則さんの工房、是非ご覧下さい。

【ココをクリック】
 

 

■梅山窯(砥部焼/愛媛) (代表)梅野信子さん

300年の歴史を誇る砥部焼。当初は陶器でしたが、江戸時代に始まった素朴な染付け磁器が現在の起源となっています。

そんな砥部焼の中でも、最も歴史のある工房が梅山窯さんです。デザイン性に富み、洗練された素敵な手仕事のうつわをたくさん作り続けておられます。

 

そんな梅山窯さんの工房、是非ご覧ください。

 

※梅野社長の写真撮り忘れちゃいました笑。

【ココをクリック】

 

■眞正陶房(沖縄) 安里貴美枝さん

 

安里貴美枝さんがうつわに描く唐草を見たことがありますか?。細めの筆で、なんの型紙もなく、頭に描くイメージだけのフリーハンドで、スルスルスル。とても繊細で美しいバランスのとれた唐草が瞬時に描かれていくのです。その作業を見ているだけで感動ものです。
安里貴美枝さんのうつわがとても気になる方!。だんな様の安里真尚さんとされている眞正陶房さんの工房の様子を、是非ご覧下さい!。